Tour report|旧七夕の夜空にペルセウス座流星群を楽しむ会

 

ペルセウス座流星群はいかがでしたか。
8月13日に長蔵小屋で行われた予約制の「ペルセウスザ流星群を楽しむ会」には、
9名様がご参加くださいました。
夕食後に、流星に関する簡単な講義とミーティングがあり、
その後、夜8時から布団と毛布が備えられた特設会場に移って、
星座や星にまつわるエピソードなどの解説付きで観望が行われました。
天候は一日を通して「晴れ」でしたが、この日は特別湿度の高い夜だったので、
濃いガスに包まれることが度々でした。

 

resize0223
↑8/11、21時撮影

 

しかし、ガスの切れた夜空には天の川がはっきりと浮かび、
午前3時前からは全天雲一つ無い状態が明け方まで続いて、
それこそアンドロメダ銀河の存在さえ確認できるほどになりました。
肝心の流星については、夜半前には空を大きく横切るような長いものが多く、
明け方に近付くにつれ、光跡は短いながらも数が多く見られたので、
皆様、今まででこんなにたくさんの流星を見たのは初めてだと喜んでくださいました。
途中、別館ホールでは温かいお飲み物とケーキによるティータイムが設けられ、
その後は自由観望でしたから、
お休みになられる方、ひと眠りのあと再び観望に出られる方、それぞれでした。
また、午前2時頃からは「秋の星座案内」も加わって夜明けまで観望が続けられました。

 

perse
 

朝食はブランチで、チェックアウトも遅かったので、朝寝坊はできましたが、
この日は朝もやの美しい夏らしい朝だったので、
できればこの風景も楽しんでいただきたかったところです。

 

resize0224
↑8/12、21時撮影