Tour report| 尾瀬沼ナイトハイク

長蔵小屋山歩きツアーのひとつ「尾瀬沼ナイトハイク」が8月17日の夜に行われました。
このツアーも現地集合・現地解散なので、長蔵小屋までのルートは自由です。
通常通り夕方までに小屋に到着していただき、夕食後、夕焼けの収まる時刻を待って、
19:30 からミーティング。
そして 20:50に集合し、別館ホールで軽く体をほぐしたら、
消灯時間となる 21:00に小屋を出ました。

 

night-1

 

昼間は一日晴れましたが、夜は「曇り時々晴れ」のお天気。
月齢10の空は明るく、多少薄い雲がかかったぐらいなら十分木道が見えます。
月が顔を出せば、それこそ影がくっきり。
湖面は輝き、時間と共に月が低くなると、ムーンロードも現れます。
途中では、我々の気配に気づいて去ったばかりの熊の足跡も発見。
狭いライトの範囲内に見る針葉樹(トウヒ)の太さやその高さに驚いたり、
わずかな物音に立ち止まったり、普段聞き流していた鳥の声がやたらと気になったり、
視界が制限され色彩が乏しい分、かえって感覚が鋭くなっているのに気づきます。

 

night-2

 

ハイキングの目的地は沼尻休憩所。このツアーのために、この日は特別、夜も OPEN 。
発電機の音のない沼尻休憩所ではキャンドルが灯され、
月明かりの風景の中で、これもまた特別に用意されたブラウニーをコーヒーと一緒にいただきました。
池塘に映る月を眺めたり、1時間ばかりを過ごしたら、23:00 沼尻を後にします。
残念ながら沼尻では、予定していた星空案内が曇ってできませんでしたが、
小屋に着く直前の大江川湿原で、ペガスス座を中心に秋の星座を少しでしたが見ることができました。
別館に戻れば時刻はちょうど午前0時。
朝食はブランチでゆっくり取ることはできたのですが、皆様のご希望で通常通りの朝食に。
それでもチェックアウトは通常より遅いので、
引き続きお休みになる方、周辺に散策に出られる方など、思い思いにお過ごしいただけました。