Tour report|残雪の尾瀬沼を訪ねるツアー

先日行われた長蔵小屋の「残雪の尾瀬沼を訪ねるツアー」のご報告です

ゴールデンウィーク前半、4月29日~5月1日にかけて、長蔵小屋主催「残雪の尾瀬沼を訪ねるツアー」が行われました。
29日は入山口の尾瀬戸倉「ロッジ長蔵」までお越しいただくだけでしたが、この日の天気は雷雨。
尾瀬沼ではこれが吹雪に雷という組み合わせでしたから、参加される方々は不安だったことでしょう。

しかし翌4月30日の入山日は朝から快晴。

尾瀬沼では燧ヶ岳の残雪が、再び真っ白に化粧し直されて、青空の下で実に眩しく輝いておりました。
 

予定通りロッジ長蔵を8時に出発して「大清水」へ。
ここより、いきなり雪の上を歩きます。
1時間半ほどかけて「一ノ瀬」に到着。(上の写真左は一ノ瀬橋の様子)
大休止を取りつつアイゼンを装着します。
アイゼンは無くとも歩けますが、踏み固められた登山道は意外に滑りやすいので、やはりあると楽です。
沼からお迎えに下ってきたスタッフを加えて、まだ雪に覆われている「岩清水」を目指します。

「三平十二曲り」の登りも皆様快調で、予定より若干早めに「三平見晴」まで到着。
ここでお弁当をいただきました。

 

三平峠の案内板はまだほとんど雪に埋もれています。
ずっと夏道通りに進んできましたが、ここから先、少し北寄りに道を離れてカンバの林へ。


燧ヶ岳と尾瀬沼の展望を楽しみつつ「三平下」へと下りました。

「早稲ッ沢」の河口付近では、割れた雪から水面が顔を出していて、周りの崩れかかった雪の亀裂は、まるでクレバスの様。
落ちたふりをして記念写真を撮られたり、皆様ここでは子供のようにはしゃいでいらっしゃいました。

 

小屋へは14時半前に到着。
まだ少し早いので、希望者を募り、スノーシュー体験も兼ねて付近の散策へ出かけることにいたしました。

小屋近くの「ダケカンバの丘」から「大江川湿原」、「ヤナギランの丘」などを巡って戻ると15時半。
小屋ではお風呂の準備が整っておりました。

夕食が終わると、まもなく日没。
この日の夕焼けは劇的とは言えませんでしたが、穏やかに暮れて行きました。

(右下の写真はキャンドルを使ったイルミネーションサービスのもようです)

 

最終日は午前中、これもご希望の方々で、尾瀬沼北岸方面のミニツアーへ。

あいにくの雨模様でしたが、行きはほとんど降られずに、予定のコースを巡ることができました。
小屋に戻って、談話室で暖を取りながら早めの昼食を取ると、11時45分、小屋を出発。下山です。

帰りは寄り道もせず夏道通りに下って、14時45分、大清水に到着いたしました。
時間に余裕のあった方は、ロッジ長蔵で入浴されてからお帰りになられたとのことです。

山中一泊の行程でしたが、お天気も終日行動となる中日には恵まれたことですし、残雪の尾瀬沼を十分お楽しみいただけたのではないでしょうか。
ご参加の皆様、ありがとうございました。