Tour report|尾瀬沼の白い世界を訪ねる会

今回は先日行われた「残雪山歩きの会」のご報告です。


ゴールデンウィーク前半の4月28日~30日にかけて、長蔵小屋主催のイベント「尾瀬沼の白い世界を訪ねる会」が行われました。
残雪は例年より少なかったものの、お天気にはたいへん恵まれたので、どこを見ても歩いても、十分お楽しみいただけたのではないかと思います。
困ったことと言えば、上下山の道中が、この季節にしては暑すぎたことぐらいでしょうか。

28日は、山麓の「ロッジ長蔵」までお越しいただき、夕食前にミーティングを兼ねて顔合わせ。
翌29日は、いよいよ尾瀬沼に向けて出発です。
8時半にロッジを出て、大清水より登山開始。
しばらくは雪のない道を、春の気配を感じながら歩きます。

大きな橋のかかる一ノ瀬は、まだトイレも閉じたまま。
ここからは雪と木道の混じる道を、踏み抜きに注意しながら登って行きますが、沢を渡って傾斜が急になると、再び雪は無くなり、岩清水の先「三平十二曲り」を登りきるまでは、すっかり木道も階段も出ています。
「三平見晴し」を過ぎて樹林帯に入ると、急に気候が変わったかのように、道もすっかり雪で覆われてしまいます。

雪原が広がったところでお弁当。
三平峠からは少し夏道をそれて、展望のきく斜面へ。


見下ろす尾瀬沼は、大部分が雪で覆われていますが、水面の青に赤シボの茶色が加わり、また、湿原の出ている所も見られるので、色彩は豊かです。
これは今回のように雪の少ない時期ならではの風景といえましょう。
三平下から小屋までは、いつもなら沼の上をショートカットするのですが、今年は夏道ルートを辿らねばならず、沢もすっかり出ているので、橋を渡るしかありません。
それでも小屋にはほぼ予定通り、14時過ぎには到着し、その後は思い思いの時間を過ごしていただきました。

 


一夜明けた30日もお天気は上々。
荷物の大半を小屋に預けて身軽になったら、7時半出発、3時間ほどのミニツアーへ。


途中、無雪期には訪れることのできないトウヒの巨木を訪ねながら、明るい針葉樹林の森の中を、のんびり沼尻に向けてハイキング。


眺めの良い湿原でティータイムを楽しんで、沼尻の高台からは至仏山を遠望しました。


帰りは北岸を夏道で辿り、小屋には10時半に到着。
お天気が良いので、お昼のお弁当は湖畔のベンチで素晴らしい景色を眺めながらいただきました。

11時半、長蔵小屋に別れを告げると、三平峠を越えて下界への道。

ロッジでは、明るい陽射しと新緑に囲まれたお風呂が、皆様のご到着をお待ち。
その後お帰りの車中では、きっと、あの尾瀬沼の雪の世界を、夢の中の出来事のように思い出されたことでしょう。

 

今回もご参加の皆様、ありがとうございました。
皆様のご協力で、怪我もなく、コミュニケーションも楽しく、無事「残雪歩き」を催行することができました。
機会がございましたら、またぜひ尾瀬沼の残雪を楽しんでいただきたく存じます。

 

 


皆様のお帰りになった日は、連休の前半も過ぎて、宿泊のお客様もごくわずか。
お食事も小ぢんまりと談話室です。

 


この日は地味に夕焼けも見られました。