Topics|2018/10/21

燧ヶ岳 初冠雪

昨日、午後から弱い雨になりました。
そして一夜明けた今朝、スッキリと晴れた空の下、燧ヶ岳の山頂付近が白く染まっておりました。

昨年よりおくれること約半月。ようやく燧ヶ岳に雪が降りました。

 


ちょうど週末に当たったので、お泊りいただいた多くのお客様が、この朝の風景をご覧になり、楽しんでいただけたようです。
最低気温が-1℃と割と高く、また日差しもあったために、9時にはこの雪もすっかり消えて、またもとの晩秋の佇まいに戻ってしまいましたが・・・。

既に紅葉の盛りは里に下ってしまいましたが、この時期の尾瀬には、なんとも言えない落ち着いた風情があります。


喧騒とは程遠く、のんびり、しみじみと山歩きを楽しめるのもこの季節ならでは。

しかし、日暮れが想像以上に早いので、時間には余裕を持った計画をお願いします。

小屋にお泊りの方なら、16時には到着していたいところです。
尾瀬沼では16:40頃に日没を迎えたと思うと、17時過ぎには真っ暗になってしまいます。
この時期の必携装備として、ヘッドランプは必ずお持ちください。

長蔵小屋の営業も、今シーズン残すところあと一週間(27日(土)のお泊りまで)となりました。

施設が多いので、営業しながらも少しずつ小屋閉め作業を進めております。

今日から2Fのトイレが、水抜きのため使用できなくなりました。(1Fは最終日までご使用いただけます)
お風呂も27日を前に水抜きしなければならないので、ご利用できない日が出て参りますが、どうかご容赦ください。

お部屋ではこたつで、談話室ではストーブで暖をお取りいただきながら、本来の山小屋らしい小ぢんまりとした雰囲気をお楽しみいただけるのも、この時期ならではです。