Topics|2019/06/07

昨日は、学生団体の方々にご一緒して、燧ヶ岳に行って参りました。

前日、雷雨のために足止めを余儀なくされ、予定より大幅に遅れながらも無事お越しいただいた学生さんたち。

その学校からのお誘いあって、昨日は一日、燧ヶ岳に行って参りました。

幸い昨夜まで降っていた雨は上がり、風も無く、登山には問題のない天気です。

出発時の気温は13℃。少しひんやりしていましたが、歩いてもそれほど汗をかかずに済みます。

予定通り7:30長蔵小屋を出発。

尾瀬沼北岸道を離れ、長英新道に入ると間もなく残雪が出てきました。

雪解けによる水溜まりや、滑りやすい残雪に気を使いながら、緩やかな針葉樹の森を進むと、次第に傾斜が増してきて、残雪の踏み抜きも多くなります。

沢のような岩場。うっかり踏み抜けば、膝上まで潜ってしまうような残雪に、慎重にならざるを得ず、予定コースタイムとの差は広がる一方です。

ミノブチ岳についた時点で既に11:30。予定では山頂(俎嵓)に着いている時間でした。

山頂まで行きたいと言う声も少なくはありませんでしたが、下山も相当の時間を要すると思われたので、やむなく撤退です。

 13:30下山開始。 天気は快晴。気温も上がって、登って来た時より雪解け水の水量は増えていました。

登りより下山のほうが時間がかかる恐れもありましたが、慣れてきたのか、傾斜が緩くなる頃には、足の運びもむしろ軽快になってきたようす。

長蔵小屋到着は先頭と最後尾で開きはありましたが、16:30~17:00。

一人の脱落者も無く、全員がミノブチ岳まで行って来たという満足感がありました。

登山道の、この悪条件を考えると、普段の道なら間違いなく全員が山頂(俎嵓)まで到達できていたことでしょう。

実実、ミノブチから先には、踏み抜く心配のない残雪が一部にあるだけで、ほとんど夏道が出ていたわけですから。

出発準備
この時はまだ雨上がりの曇り空
残雪の針葉樹林帯を行く
傾斜が増してくる頃には青空も広がり始めましたが、残雪は深い踏み抜きが多くなってきました。
イワナシとショウジョウバカマ。おだやかなその佇まいから目を転じると、
足元は音を立てて水の流れる激しい岩場の急斜面。
急登を終えると森林限界が近づき、視界も開けてきました。
弁当平に到着です。
そこから更にもうひと頑張り。
ミノブチ岳に登り着きました。
ミノブチ岳から山頂(俎嵓)を望む
反対側には尾瀬沼を見下ろします。
ミノブチでのひととき
お昼のお弁当もここでいただきいました。
ミノブチ岳のみんなを、俎嵓直下より遠望
雲と並ぶ
遥か尾瀬沼東岸には長蔵小屋も見えています。
さあ、下山開始です。
登りより更に悪条件
休憩タイム
残雪の照り返しもあって、明るかった針葉樹林。
帰って来た!
大江川湿原に出れば、ゴールはすぐそこ。
澄んだ青空、澄んだ水。
流れに添うように咲く水芭蕉。
あと一息
そして小屋に到着
夕暮れ間近、逆光にかすむ燧ヶ岳をあらためて振り返る。
登り終えた生徒達の目にはどう映ったのでしょう。