Topics|2019/07/20

昨日は久しぶりに沼尻の様子を見て参りました。

到着してしばらくすると小雨が降ってきましたが、風は無かったので、皆様、屋根やパラソルの下で凌ぐことができたようです。

その雨も束の間のこと。間もなく上がりました。

パラソルは4機ありますが、この日は2機だけが開いていました。
今、沼尻平の池塘では、ヒツジグサがたくさん咲いています。
未の刻(午後2時)に開くと言われるヒツジグサですが、実際にはもっと早く開くようです。
しかし、朝では咲いていないので、ご覧になりたい方は、時間に気をつけてください。
沼尻では小型の蘭も多く見られます。
左:サワラン(別名:アサヒラン)            右:トキソウ
サワランは当たり年。丈が低いので、他の草に埋もれて目立ちませんが、かなりの数です。
沼周辺では少ないモウセンゴケの類も、沼尻ではすぐ近くで眺められます。
左:モウセンゴケ               右:ナガバノモウセンゴケ
湿原を黄色い絨毯に変えるキンコウカも一部で咲き始めました。つぼみもたくさん見られます。
建物からはまったく見えませんが、沼尻に訪れたなら、池塘群を巡ることをどうぞお忘れなく。
燧ヶ岳(ナデックボ)方面に少し進んだ所に入り口があります。
さて、大江川湿原では・・・
ニッコウキスゲを飾るように咲くカラマツソウ。 そしてワタスゲ
ノアザミも咲き始め、
オタカラコウ(左)やコオニユリ(右)のつぼみも目立ってきました。

今日(20日)は朝方の雨も上がって、まずまずの天気。

ニッコウキスゲもいよいよ見頃

こちらは、気まぐれ定点撮影による開花の様子です。

左:7月16日                    右:7月17日
左:7月19日                    右:7月20日

予報よりお天気は良かったのですが、訪れる人は多くはありません。

いらっしゃった方は、ゆっくり写真を取ったり、景色に浸ることができて、良かったのではないでしょうか。