Topics|2019/07/23

ニッコウキスゲが見頃を迎えています。

密度の高い所は相変わらず限られていますが、分布の範囲は着実に広がっています。

これからも有効な鹿対策を行い続ければ、かつてのように大江川湿原全域に及ぶ光景を目にする日も夢ではないかもしれません。

前回に続き、気まぐれ定点撮影です。 また間が一日空いてしまいました。

左:7月21日               右:7月23日
ビューポイントのデッキも、先週末開放されました。
今はまだちょっと浮いた存在ですが、しばらくすれば色も落ち着いて少しは馴染んでくるでしょう。
ご覧のように、蕾はまだ沢山ありますが、萎れた花も増えてくるので、全体的に色がくすんでしまいます。
やはりこの2,3日中が最も見頃と言えるでしょう。