Topics|2019/07/31

今年のニッコウキスゲは当りましたが、8月になろうとしている今でも尚、花を楽しむことができて、訪れた方々は、思いがけない景色との出会いを、たいへん喜んでいらっしゃいます。

しかし湿原には、ニッコウキスゲの後を彩るべく、次なる花々が姿を見せ始めています。

左上:シモツケ                     右上:コバギボウシ
左下:ネジバナ                    右下:アオヤギソウ

ニッコウキスゲに替わって強烈な色彩を放つのはコオニユリ。今年はこの花も当たりで、湿原の色合いを変えつつあります。

   

気まぐれ定点撮影を続けます。

7月30日                          7月31日
いくらか花の数が減り始めたように見えます。

何となく初秋を感じさせる瞬間

      

長蔵小屋の玄関前には、いよいよ新ビジターセンターの骨格が現れ始めました。

こうなると早いもので、みるみる形が出来上がってきます。