Topics|2020/02/25

今年は大変な少雪で、例年1月下旬~2月上旬にかけて行われる除雪作業は中止となりました。

尾瀬ヶ原では、沢という沢がほとんど出てしまっていたため、小屋の様子を見に行くにも、渡れる場所を探したり、それでも渡渉を伴うなど、かなり苦労したようです。

積雪はご覧の通り。まったく除雪の必要がありませんでした。

 

 

そして今回訪れたのは尾瀬沼の長蔵小屋。これも様子見が目的なので、小屋のスタッフ数人で入りました。

一ノ瀬から少し入った所の様子

ちょうど朝方から雪が降り始め、昨日までの春のような景色から、一時的に冬らしさを取り戻しています。

冬路沢上部 冬路沢もほとんど開いていました。
三平峠の案内板も半分以上が表れていて、ゴールデンウィークの頃よりも少ない積雪量です。
この日は日本海側が大荒れの天気で、尾瀬沼でも地吹雪でした。
予想通り、屋根の雪は大したことがありません。
それでも吹き溜まりとなる風下側の屋根には、そこそこの積雪があります。
冬期開放している避難小屋の梯子は、驚いたことに最下段まで出ていました。
屋根には今朝積もった雪しかありません。
部分的には軒を痛めてしまうほどの雪庇もあるので、今回はこんな所を主に落として行くことにしました。
元長蔵小屋にて
右二人は屋根の上ですが、下にいる人との落差がそれほど感じられません。
翌日、長蔵小屋本館の大屋根も少し厚みを落としておくことにしました。
大屋根の上から周辺の様子
昨日一日で50㎝は積もりました。写真は屋根の上で、地面とはかなりの落差があります。
しかし白一色の世界では境目がはっきりしない上、雪庇もあるので気を付けなくてはなりません。
一休み
屋根の形状に合わせて階段状に落として行きます。
左下のブッシュのように見えているのが、実は小屋前のチシマザクラです。
沼側になる裏は、吹き溜まる所を中心に落とします。
ここは食堂部分の屋根の上。雪に埋もれているのが2階客室の出窓部分です。
落とし終えたところ。
板を張った窓の部分が出てきました。それでもまだ厚さ50~60㎝ほどの雪が残っています。
作業している間に、この日は素晴らしい晴天になりました。
今回の降雪のおかげで、冬らしい景色を見ることができました。
屋根の左右でこのように積雪量に差があります。
左はこれでも除雪後の状態です。右は手付かずでも、ほんの20㎝ほどしかありません。
玄関付近
下ろした雪を平らに片付けたら完了です。
下山します。
新たに降った雪のため、スノーシューでさえ20~30㎝沈みます。しかも春先の雪のように湿っていて重いので、大変歩き辛いのです。
小屋の裏側、食堂の屋根も、ここまで厚みを落としました。
「檜の突出し」を越えて、尾瀬沼の上を、三平下へ向かいます。
三平峠への登り
峠の樹林
吹き付けられた雪で、木々の幹も華やかです。
普段暗い針葉樹の森も、明るく感じられました。
峠を越えて、針葉樹の森が開けたら、夏道を離れて冬路沢へ入ります。
スキー組は、シールを外して滑降の準備。
冬路沢を下りる。
雪はべたべたで重く、快適とは言えなかったそうです。
大清水まで下ると、道路の雪はすっかり解けていて、再び春のようでした。