Topics|2020/08/27

夏休みの季節が過ぎて、ご家族連れの姿はほとんど見られなくなりました。
花々の勢いも感じられなくなり、湿原で咲くウメバチソウやイワショウブでさえ、ようやく巡って来た自分たちの季節を、ひっそり控え目に過ごしているように見えます。

数日間繰り返された午後の雷雨も、どうやら収まったようで、今朝は青い空に低い雲がゆっくりと流れていました。

空気も割とカラッとしていて、夏の朝の湿気を帯びた冷たさとも違う涼しさは、やはり秋を感じさせます。
今日も暑くなるぞと思わせるような空気ではありません
朝・夕の気温は12℃から15℃ぐらい。長袖シャツが必要です。

登山者の減り始めたこの時期、長蔵小屋では登山道の道刈りを始めます。
既に燧ケ岳の長英新道では、ミノブチ岳先の「長英分岐」から、下は1合目より手前の、通称「大曲り」までを昨日までに刈り終えております。
来週にはナデックボ道を山頂「爼嵓」から刈り下りる予定です。

毎度のことになりますが、刈り終えた後の数日間は、足元に落ちた笹で滑りやすく、また路面の状況も分かりづらくなりますから、通行の際は十分にご注意ください。
このため所要時間も余計にかかることを念頭にご計画いただきたいと思います。
今の時点では、敢えて行なう必要を感じられないかもしれません。
しかし来年の夏山シーズンまでをカバーして、快適にご利用いただくための準備ですので、どうかご協力のほど、お願い申し上げます。